ラインのアイコン
電話のアイコン

03-5766-2606
営業時間:9:00~21:00、定休日:なし

  • 電話のアイコン03-5766-2606
  • 営業時間:9:00~21:00、定休日:なし
  • ラインのアイコン
ハイエース買取なら速攻高値鑑定王

マニュアルとオートマどっちが人気?海外向けハイエースオートマとマニュアルの違い

投稿日:2020.12.10

ハイエースを選ぶうえでマニュアル車かオートマ車は一つの悩みだと思います。
今回は買取に出す際にマニュアル車、オートマ車がどのような差を生み出すのかを説明していきたいと思います!

そもそもマニュアルとオートマの違いとは?

ハイエース

まずはマニュアルとオートマの違いやメリットを簡単に説明していきたいと思います。

大きな違いはマニュアル車がギアチェンジを自分で操作し、オートマ車はある程度自動でギアチェンジを操作してくれます。

マニュアル車のメリットとしては、オートマ車と比べて構造が複雑ではないので中古車であっても故障のリスクが少ないです。

また、アクセルを戻したときにのレスポンスが早いので、エンジンブレーキが効きやすいというメリットもあります。

多くのマニュアルを運転される方が言われるのは「マニュアルは運転していて楽しい」ということです。

自分でコントロールしている感覚があることが原因かと思います。

逆にデメリットとしては、日本の場合マニュアル用の免許が必要です。現在は殆どの方がオートマ限定の免許を取る時代ですから、

乗り慣れていないが故の難しさもあります。また、片手が埋まってしまうとか、エンジンが止まらないように、

半クラッチをうまくやらないと止まってしまうなどもあります。特に渋滞の中でのマニュアル車の運転は、オートマ車と比較してとても大変です。

対してオートマ車の構造自体は複雑ですが、自動でギアチェンジをしてくれるので、運転技術が必要なマニュアル車よりも運転しやすいです。

ギアチェンジをしない分、運転に集中できることは、オートマ車の大きなメリットです。また、マニュアル車のようにエンストすることがなく、 スタートが楽なことも特徴の一つです。車種によってはオートマしかない車種が殆どですので、選択肢の多さも、圧倒的にオートマ車のメリットです。

そういった意味では、運転に慣れていない女性ドライバーや高齢者にも楽に運転できる訳です。

一方デメリットとしては、踏み間違えによる誤作動があるということです。最近では誤発進抑制装置や自動アシストブレーキなどが

ついている車も増えていますが、操作が少ない分、ブレーキの代わりにアクセルを踏めば間違って走ってしまい、急発進する危険性があります。

また、マニュアルと違いエンジンブレーキが効きにくい為、ブレーキペダルを使い過ぎてしまい、「フェード現象」や「ペーパーロック現象」などが起こる可能性を秘めています。

新車で販売される車両の98%はオートマですが、マニュアル車の最大のメリットは燃費がいいということです。

こうしてみるとマニュアル車は運転技術が必要な分コストや燃費を抑えられ、中古車であってもメリットがあるという事ですね!

ハイエースなどの商用車はオートマとマニュアルどっちが多い?

車のメーター

現在、日本では乗用車といえばオートマ車というほどマニュアル車を乗っている人は少ないでしょう。日本国内で走っている車両の98%が、オートマ車とも言われています。

ですが商用車市場を見てみると、以前は逆にオートマ車が少ないものでした。最近ではトラックでもオートマというケースが増加していますが、

以前はトラックであれば、ほぼ100%マニュアル、ハイエースバンなどの商用バンも同様でした。現在はハイエースなどでもオートマを選ぶ方が殆どですし、

新車で選ばれる方も非常に限定されます。これは免許制度の変更により、オートマ限定ができたことも大きいかと思います。

時代の流れとともに、ハイエースでもオートマが増えています。ただ、仕事使うことを考えるとコストを考えますと、燃費が良いことは大切なファクターであり、

企業側からすると中古車であっても故障のリスクが少なく、1台当たりのコストと燃費が優れているマニュアル車の方が、高い需要を誇っています。

海外向けのハイエース、買取時はマニュアルとオートマ、どっちが良い?

ハイエースバン

我々「ハイエース買取なら速攻高値鑑定王」ではマニュアル、オートマ問わず買取いたしますが、どちらかというとマニュアル車の方が高く買い取りができます!

理由は上で述べたように燃費がいいことが大きいですし、海外では、修理が簡単なマニュアルは人気が常に高いのです。

日本と違い、一日で1000キロ、2000キロを走るケースが多い為、車へのダメージも大きい為、ちょっとしたトラブルが、道中で発生するケースもあります。

そういった際には、同じトランスミッション系のトラブルが発生しても、マニュアル車のほうが圧倒的に修理は簡単なのです。

ですが、国内市場にはマニュアル車が出てくる機会はどんどん減っています。オートマ車であれば、探すことは比較的簡単ですが、

年式などによってはマニュアル車はレアです。ですので、当社としても積極的に買取をさせて頂いております。

ハイエースの買取価格表を見て頂くと判りますが、当社では殆どの場合、同じモデルであれば、マニュアルのほうが高値で、買取をさせて頂いております。

詳しくはお手持ちに車検証のコピーをご用意頂き、「型式」の欄をご確認頂き、以下の「買取相場一覧」よりご確認ください。

  • 買取相場一覧
  • ハイエース専門店で、海外に特化の「速攻高値鑑定王」は、何故高値買取ができるか?

    買取店は日本中に溢れていますし、テレビCMなどを、大量に出されている全国ネットワークの会社もあります。

    そういった買取専門店様の査定を経て、当社に買取を依頼される方が多数います。大手のほうが高値で買取できそうですが、そこは仕組みが違うからこそ、

    ハイエース専門店で、海外に特化している当社が、高く買取れる理由があるのです。

    速攻高値鑑定王が高価買取できる一つの理由は、日本でも数少ないオンライン非接触特化の買取だからです。

    全国に支店を置いたり、買取の為に査定するスタッフを派遣すれば、それだけコストがかかり、買取金額の中に見込まなければなりません。

    オンラインで、写真やZoom査定ですので、支店のコストはありませんし、出張費用も発生しません。その分、皆様に還元することが可能になるわけです。

    更に、速攻高値鑑定王では、過去10年に渡って商用車をメインに、海外へ中古車輸出をしてきました。

    累計で、3000台以上のハイエースを世界中に輸出しています。

    日本に何千社と中古車輸出の業者はいますが、その実績は、商用車輸出最大級です。

    ハイエースに関しての、顧客層の厚さがあります。

    ハイエースが欲しい海外の方が、ホームページへアクセスする比率が違います。

    ですから、高価買取が可能になる訳です。

    もし今、お読みのあなたがハイエースをお持ちで、ご売却を検討されているようでしたら、一度是非、速攻高値鑑定王へお問合せください。

    他社とは違う金額をご提示させて頂きます。

    買取見積もりの依頼に必要なのは、写真と車検証のコピーと簡単な車両情報のみです。是非お問合せください。

    ↓ハイエース専門店「速攻高値鑑定王」が海外へ販売したハイエースはこちら↓

    200系ディーゼルハイエースバン


    100系ガソリンハイエースバン

    まとめ

    • マニュアル車はコスト面や燃費がよく、耐久性が高いので人気
    • 商用車はマニュアル車の方が多い
    • 海外ではマニュアル車が主流なので「ハイエース買取なら速攻高値鑑定王」では需要が高い
    • マニュアル車の方が高値で買い取り出来る可能性が高い

    ハイエースをお持ちの方

    当社は100ヵ国以上の販売先があり、無駄な整備・修理をすることなく海外へ輸出・販売ができるため、ハイエースを高値で買い取ることができます!

    > 詳しい情報はこちら

    ご依頼フォーム

    車種名

    お名前必須

    必須

    お名前をご入力ください

    都道府県必須

    必須

    都道府県を選択してください

    メールアドレス必須

    必須

    メールアドレスを正しく入力してください

    電話番号

    電話番号を正しく入力してください
    必須 ご利用規約
    同意が必要です

    ※ エンジン等の機関系の故障、水没したお車など、当社利用規約第5条「本サービス提供の制限車輛」に該当する場合はお取り扱いできません。

    ※ 一部離島、又は、一部お車の引き取りができない場合はご契約ができません。予めご了承下さい。