廃車かも?過走行でも高額買取!

みなさん中古車を見たときに何キロからが過走行だと思いますか?1年で1万キロを基準として考える方もいるそうですがどこからが過走行という基準は個人個人によるでしょう。

5万キロだという人もいれば10万キロ以上でも大丈夫という人もいます。
今回はそんな過走行と廃車の関係性について国内、海外を比較しながら話していきたいと思います。

国内の風潮は?

日本で10万キロ以上走行した車と聞くとどのようなイメージをもちますか? 
多くに人は「古い」、「ボロそう」などネガティブなイメージを持つ方が多く、そろそろ廃車、買い替えを検討する時期かと思います。

実際に10万キロ以上走行している車で新品同様やキレイという印象を受ける車がほとんどないことは確かです。それなりに年季が入り、古びた印象の車がほとんどを占めているでしょう。

日本ではこのように見た目や新しい性能に惹かれる傾向にあるので型落ちの中古車やましては走行距離が10万キロ以上のものなどは売りに出しても廃車にされてしまう可能性が高いといえます。

海外で10万キロ以上というと…

それでは海外ではどのような傾向にあるのでしょうか?

海外では10万キロ以上、もしくは数十万キロの走行距離がある車であっても日本車であれば十分に価値があります!

海外ユーザーから日本車は確固たる信頼があり、日本車であれば走行距離関係なく丈夫なので乗れるというイメージが多くの人についています。

日本と比べて海外ユーザーは「もったいない」という意識を強く持っており、またトヨタのハイエースは機関系が強く、走行距離が長くても十分に走れ、海外でも有名な車種であり需要が非常に高いです。

走行距離が長いほど国内の中古車市場では安く手に入れられる可能性が高いので10万キロ以上、20万キロは通常、30万キロ、40万キロ以上の走行距離でも十分に海外向けなら買い手が付きます。

当社では50万キロ走ったハイエースバンをアフリカに輸出したこともあります!

特に気を付けたいのが、買い替えでディーラーに相談をすると、廃車または安すぎる値段で査定されてしまうことが非常に多いので、是非比べてみてください!

買取相場はどのくらい?

ハイエースバンには様々なグレードやモデルがあり、一概に言うことは難しいですがハイエース200系のディーゼル車であれば100万円を超える買取額も可能なのです。

もちろん状態や走行距離にもよりますが先ほど言った通り海外に輸出する場合、走行距離の多さは国内向けほど査定に響くことが無いので一度気になる方はぜひ「ハイエース買取なら速攻高値鑑定王」に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

まとめ

  • 国内では走行距離が10万キロを超えると一気に廃車に近づいてしまう
  • 海外では走行距離は気にしないユーザーが多い
  • 日本車への絶大な信頼がある
  • 当サイトであれば走行距離は査定に響きづらい

上記にも述べた通り、数十万キロの走行距離でも海外では十分に需要があり買取可能です!
もしもう乗らなくなったハイエースをお持ちの方であれば一度当サイトで買取査定をしてみてはいかがでしょうか??

< 前回の記事はこちら

続きの記事はこちら >

ハイエースをお持ちの方

当社は100ヵ国以上の販売先があり、無駄な整備・修理をすることなく海外へ輸出・販売ができるため、ハイエースを高値で買い取ることができます!

無料買取査定はこちら!